青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

その他

英語を使うと別の人格になる!?

英語を使うと別の人格になる!?

話題のSF映画『メッセージ』を観てきました(原題はArrival)。
本当に良く出来た映画で、特に終盤からエンディングにかけての疾走感が最高でした。

伏線がかなり張り巡らされた映画なので、2回目以降新たな発見がありそうです。

英語的な話をすると、全体的にそこまでスピードは早くないですがSF映画特有の専門用語が多いため、字幕なしだと結構きついなという印象です。

SF映画は本当に難しいです!

さて、この映画は突如地球に到着した異星人とコミュニケーションを取っていくストーリーになっています。

そういった意味で、コミュニケーションとは何か?を考えさせられる内容になっています。

言語が変われば、人格になる!?

そして、映画の中で「サピア=ウォーフの仮説」という仮説が登場します。
これは、話す言語によって、思考や概念が変わるという仮説です。

この仮説がどの程度信頼できるものかはわかりませんが、自分の経験から言ってもあながち間違っていないと思います。

僕の場合、日本語と英語を話している時では若干性格が異なります。
英語を話している時の方がより自分を主張できるようになります。

イギリス留学をした時、納得できないことがあれば感情を出して伝えていたし、結構あらゆる国の人たちと闘っていました(笑)

でも日本語だとなかなか感情を出すことが出来ません。
かなりの平和主義者です(笑)

もちろん、イギリスという自己主張をしないといけない国にいたために、このような人格が生じただけかもしれませんが、僕の知り合いにも英語を話すと人格が変わる人が何人もいます。

なので、僕は「サピア=ウォーフの仮説」は割と信ぴょう性が高いと考えています。

まとめ:新たな言語を取得して、世界を広げよう!

よく英語を取得すると世界が広がると言われます。
これは、違う文化や考え方を持っている人たちと話をすることで自分の世界を広げることができるという意味だけではなく、新たな言語を取得することで新たな人格が形成できるという意味も含んでいるのかもしれません。

是非、英語を勉強して未知の世界に踏み入れましょう!
今まで経験していなかった世界が待っていますよ!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
毎月約10のセミナー、イベントをしています。
詳しい情報は以下からご確認ください。

コメントする

*
*
* (公開されません)