青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

英語を話すときのコツ

元大リーガー川崎選手の英語でのコミュニケーションは本当に参考にすべきか?

元大リーガー川崎選手の英語でのコミュニケーションは本当に参考にすべきか?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

よく英語を話すときの参考にすべき日本人として挙げられるのが、元大リーガー川崎宗則選手(現ソフトバンク)です。

そこまで英語力が高くないにも関わらず、抜群のコミュニケーション能力で現地の人たちとどんどん距離を縮めていく姿は本当に凄いと思うし、僕も尊敬します。

以下の動画をご覧ください。
現地のコメンテーターが大爆笑してしまっています(笑)

しかし、日本人が川崎選手の英語でのコミュニケーションを目指すべきかというと、疑問が残ります。

なぜ、川崎選手のコミュニケーションは参考にしないほうがいいのでしょうか?

川崎選手のスタイルは高いコミュニケーション能力が必要

その理由は、誰もが川崎選手のような高いコミュニケーション能力を持っていないからです。

たまに川崎選手のように文法はめちゃめちゃけど、何となくネイティブスピーカーと会話が続いてしまうという方に出会います。

しかし、そういった才能を持っている人はかなり稀です。
もちろん努力をすればある程度の度胸は身につきますが、英語力がそこまで高くないのにそれが出来る人はなかなかいません。

僕も積極的に話しかけるタイプではないので、まずは圧倒的に英語力を高めようと決断しました。
そして、それが自信につながり、徐々に外国人に話しかけることに対しての抵抗がなくなっていきました。

もちろん英語がそこまで話せない時点でも実践に挑むことは大切です。
自主学習と実践の組み合わせによって初めて英語は上手くなるからです。

ただ、やはりある程度の英語の基礎があった上で実践をする方が、ハードルは低いです。

あと、川崎選手のスタイルはノリの良さも必要なので、同じことをやろうとしても笑いを取れる可能性は低いです(笑)
そのため、シャイである国民性の日本人には川崎選手のスタイルはハードルが高すぎるのです。

まとめ:コツコツと英語力を身につけることが一番の近道

繰り返しになりますが、多くの日本人は英語をコツコツと勉強した上で、実践を積んでいくというスタイルの方が向いていると思います。

結果的に自信がついていき、より英語を勉強して上手くなるという好循環が生まれるので、英語力をつけたい人は結局コツコツとやって、まずは基礎をしっかり固める方が近道だと僕は思います。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)