青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

単語

「アドリブ」を英語で

「アドリブ」を英語で

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

昨日の「英語でアドリブが言えるようになるには基礎が必要」でアドリブの話が出ましたが、そもそもアドリブを英語で何と言えばいいかご存知でしょうか?

ad-libとimprovise

まず、1つはad-libです。
そのまんまですね(笑)

意味もカタカナのアドリブと同じで、動詞として使います。
ただし、基本的にパフォーマンスやスピーチの場面で使われるのがポイントです。

As the actor didn’t remember his lines very well, he had to ad-lib.
(その俳優はセリフをしっかりと覚えていなかったので、アドリブをしなければいけませんでした。)

The politician is good at ad-libbing his speech.
(その政治家はスピーチのアドリブが得意です。)

もう1つはimproviseです。
これもad-libと同様、動詞として使われますが、ad-libよりもより広い範囲で使われます。

I forgot to prepare the today’s presentation, so I will overcome it by improvising.
(今日のプレゼンの準備を忘れたので、アドリブで乗り越えます。)

I usually don’t prepare my department’s meeting because I can improvise.
(アドリブができるので、部署会議の準備を通常しません。)

まとめ:アドリブは2種類はの単語を使いこなそう!

いかがだったでしょうか?

今回紹介したad-libあるいはimproviseを使いこなせるように、しっかりと繰り返し練習しましょう!
昨日もお伝えしたように、英語を話すときにはアドリブではなく、準備がとても大切です。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)