青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

単語

dessertとdesertの違いとは?

dessertとdesertの違いとは?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

日本人が間違いや英語の代表といえば、dessertとdesertだと思います。
この違いが瞬時にわかるあなたはかなり英語レベルが高いです。

違いがわかりますか?
今回の記事では両者の違いを意味と発音に分けて、説明していきます。

まず意味についてです。
それぞれ、以下のようになります。

dessertーデザート
desertー砂漠、不毛地域

このように全く意味が変わってしまうのです。

次に発音ですが、スペルは非常に似ているにも関わらず発音は全く異なります。

それぞれをご確認ください。

dessert (dizə́ːrt)(Weblio調べ

desert (dézərt)(Weblio調べ

全く違いますよね?

特にdessertに関しては、dɪzˈɚːtという発音記号になり、カタカナの「デザート」とは全く違う発音になるので注意が必要です。

アクセントも二番目のeの上になります。

発音次第では、以下のような文章が成り立ってしまうので、ちょっと恥ずかしい思いをしてしまいます。

I like to eat desert.
(私は砂漠を食べるのが好きだ。)
※本来はdessert

There are many cactuses in the dessert.
(砂漠にはたくさんのサボテンがある。)
※本来はdesert

使い分けられるようにしましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)