青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

フレーズ

not+副詞を使ったパターン

not+副詞を使ったパターン

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

以前の「「それほど〜でない」と英語で言いたい時」で、not reallyの使い方を解説しました。

実はnot really以外にもnot+副詞を使った便利な表現があることをご存知でしょうか?

今回は代表的な2つの便利な表現をお伝えします。

not always

1つ目はnot alwaysです。

alwaysは「いつも」という意味なので、
not alwaysで「いつも〜ではない」という意味なります。

例えば、以下のように使うことが可能です。

I don’t always agree with his ideas.
(いつも彼の考えに同意する訳ではない。)

She doesn’t always watch that TV program.
(顔女は必ずしもそのテレビ番組を観ている訳ではない。)

当然ですが、
I always don’t agree with his ideas.
She always doesn’t watch that TV program.

とすると、意味は変わってしまいます。
詳しくは、「not reallyとreally notの違いとは?」をご覧ください。

not necessarily

2つ目は、not alwaysに少し似た表現であるnot necessarily

necessarilyはもしかしたら、あまり馴染みがないかもしれませんが、「必ず」という意味の副詞なので、not necessarilyで「必ずしも〜ではない」という意味になります。

「〜が必要な」というnecessaryとは別の単語なので注意しましょう。

以下、例文です。

Your boss is not necessarily right.
(あなたの上司は必ずしも正しいわけではない。)

Young people are not necessarily interested in the latest fashion.
(若者は必ずしも最新の流行に興味があるわけではない。)

他にも、exactly、completely、quiteなど様々な副詞をnotの後ろにくっつけることができます。

表現の幅を広げる便利なフレーズなので、是非活用できるようになりましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)