青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

単語

英語脳を身につけるためには、日本語を使わないほうがいいのか?

英語脳を身につけるためには、日本語を使わないほうがいいのか?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

英語を学ぶ際によく、英語の感覚を身につけることが大切と言われます。
これは言い換えれば、英語脳を持っている状態と言えます。

英語脳とは日本語を介さずに、英語を英語で理解できている状態のことです。

英語脳が身につくと様々なメリットがあります。

例えばリスニングの時にいちいち日本語から英語に訳さなくても理解できますし、何か話そうとする時に初めから英語で考えることができます

この状態になって、初めて「英語が使える」と胸を張って言えるのではないかと、個人的には思います。

結果的に外国人とのコミュニケーションがスムーズになります。

では英語脳を身につけよう!という事になりますが、その時によくオススメされるのが日本語に一切触れないというやり方です。

確かに理にかなった方法に聞こえるのですが、上級者以外の方にはオススメできません

例えば、英語だけのレッスンをした場合、理解できない部分が解決されないままどんどんとレッスンが進んでしまいます

また、英英辞典だけを使った場合、そもそも説明文の英語が理解できないので、単語の意味を理解できないですし、ストレスが溜まっていきいずれは挫折してしまいます。

そのため、上級者以外の方は英語と日本語を両方組み合わせながら勉強していくのが、最も効率的です。

例えば、レッスンの場合は英語と日本語が両方できる先生に習ったほうがいいですし、単語も英英辞典と英和辞典の両方を使いながら勉強するのがいいです。

僕自身、英語がまだ上手くなかった状態で留学した時に、現地の英会話学校に通っていたことがあります。

正直、先生が何と言っているかわからなさすぎて、いつも消化不良のまま終わっていました。

もちろんそういう環境に身を置くことは大切ですが、バランスが大切だと思っています。
結局、身についていないのであれば、それは効果的な勉強方法とは言えません。

また、過去に日本語を一切使わないというやり方で教えていた時に、思ったほど生徒さんの成果が上げられなかったことがありました。

是非、今後の参考にしてみてください!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)