青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

単語

allowの使い方

allowの使い方

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

昨日に引き続き、今回も新幹線の英語アナウンスからのネタです。

今日も新幹線に乗っていて、役に立つ表現が聞こえてきたのでシェアします。

新幹線に乗っていて必ず流れるのが以下の放送です。

Smoking is not allowed on this train except in the designated smoking rooms located in cars 3, 7 and 15.

この中のallowという表現を今回はピックアップします。

allowは「〜を許可する」という意味を持っています。
よって、上の文章は、

「3号車、7号車、15号車にある指定の禁煙室を除いて、この電車では喫煙は禁止されている。」

という意味の文章になります。


exceptー〜を除いて
designatedー指定された
locateー〜を置く、設置する

allowはここでは受け身の形で使われているので、「〜が許可されている」という意味になります。

よくallowで使われる形はallow A to doで、「Aがdoするのを許可する」という意味になります。

以下のように使われます。

I allowed him to enter this building.
(私は彼がこの建物に入るのを許可した。)

We should allow her to work at her house.
(我々は彼女が自宅で働くことを許可すべきだ。)

ちなみにallowは発音に注意が必要です。
カタカナでいうと、「アロウ」ではなく、「アラウ」に近い音です。

以下の発音をご確認ください。(Weblio調べ


明日は、今回の英語アナウンスで使われた、exceptに関して説明したいと思います。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)