青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

英語を話すときのコツ

英語で鉄板の自己紹介〜名前〜

英語で鉄板の自己紹介〜名前〜

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

前回の『英語で鉄板の自己紹介ができるようになりましょう!』で、英語での鉄板の自己紹介を作りましょうという話をしました。

今回は「名前」を言うときの表現方法についてお伝えします。

英語で名前を聞くための方法

まずは相手の名前を質問する方法からお伝えします。

1つ目は、

What’s your name?

です。

ただ、これは直接的な表現のため少し失礼にあたる場合があります。
特にビジネスの場面だと使わないほうが良いでしょう。

では、代わりに何を使えばいいかというと、

May I have your name, please?

です。

mayは許可の意味を表すので、May I〜?で「〜してもいい?」という意味になります。

May I ask your name, please?という表現も使うことができます。

英語で名前を答えるための方法

次は答え方です。

大きく2つの方法があります。

1つは、My name isを使った答え方、もう1つはI’m (I am)を使った答え方です。

My name isをネイティブスピーカーは使わないと勘違いしている方も結構多いのですが、バリバリ使います。

では両者は何が違うのでしょうか?

大きな違いはフォーマルかカジュアルかです。

My name isーフォーマルな場面
I’mーカジュアルな場面

よって、ビジネスの場面ではMy name isを使うのが無難だと思います。

もう1文付け加えるには?

昨日の『英語で鉄板の自己紹介ができるようになりましょう!』で、自己紹介は最低でもそれぞれの項目に関して2文以上で表現しようというお話をしました。

では、My name is〜.あるいはI’m〜.の後に、どのような文章を付け加えればいいでしょうか?

例えば、1つはPlease call me〜(〜と呼んでください。).という表現があります。

My name is Kojiro Sugihara.

(私の名前は杉原浩二郎です。)

Please call me Koji.
(コウジと呼んでください。)

Please call me〜の代わりにMy nickname is〜を使ってもいいと思います。

My nickname is Koji.
(私のニックネームはコウジです。)

あとは、名前の意味を伝えるのもアリです。

My name is Ai Tanaka.
(私の名前は田中愛です。)

The meaning of my first name is “love”.
(私の名前の意味は「愛」です。)

このようにただ名前を言うのではなく、もう一言加えることで、相手に親しみを持ってもらいやすくなります。

まとめ:どうすれば相手に興味を持ってもらえるかを考えよう!

いかがだったでしょうか?
今回は1発目ということで、名前の言い方を取り上げました。

名前に限らずですが、自己紹介では相手との距離感を近づけることが大切です。
そのため、自分のニックネームを教えることなどが有効になります。

明日は「住んでいる場所」の言い方について取り上げたいと思います。
楽しみにしていてください!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)