青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

英語を話すときのコツ

英語の答えは1つではない!

英語の答えは1つではない!

こんにちは!
「青春English部」部長の杉原浩二郎です。

英語が話せない人の特徴として思うのは、「英語には答えが1つしかない!」と決めつけていることです。

この発想をしている限りは英語が一生話せるようにはなりません。

例えば、日本語で「体調が悪い。」と言いたい場合、

吐き気がする。
風邪をひいている。
気持ちが悪い。
体調が良くない。

など色々な言い方で言い換えることができますよね?
これと同じことを英語でもやればいいのです。

「体調が悪い」はI feel bad.の他に以下のような表現ができます。

I feel sick.
I have a cold.
I’m in bad condition.
I don’t feel good.

このように選択肢を多く持つことで、圧倒的にコミュニケーションが簡単になります。

英語が話せない人は文章を作る時に1つでも知らない単語があると、その瞬間に固まってしまいます
でもそれではダメなのです。

他の例を見ていきましょう。

例えば、今日レッスンをしている中で「お客さんの接待をした。」をどう言えばいいかわからないと生徒さんに言われました。

これは実は簡単に解決できます。
具体的に考えればいいのです。

その接待の内容としては居酒屋に行って、お客さんと一緒に飲んだということでした。
よって、以下のように説明すれば十分通じます。

I drank with my client at an izakaya (Japanese-style bar).

いかがでしょうか?

直訳をしていくやり方だと単語数を増やさないといけないので、オススメできません

是非、英語の答えは1つではないということを理解しましょう。
そうすることで、コミュニケーションが圧倒的に簡単になります。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
毎月約10のセミナー、イベントをしています。
詳しい情報は以下からご確認ください。

コメントする

*
*
* (公開されません)