青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

英語を話すときのコツ

英語がそんなにできなくても会話が成り立っているように見せるコツとは?

英語がそんなにできなくても会話が成り立っているように見せるコツとは?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

相手の言っていることがわからないから、聞き返したい。
でも、何回も聞き返したら失礼と思われるかもしれない・・・

そんな経験はありませんか?

今回は僕が英語がダメダメだった時に生み出した、「英語がそこまで話せなくても会話が成り立っているように見せるテクニック」をお伝えします。

ちなみに今回はビジネスの場面ではなく、それ以外の場面で有効なテクニックとなっています。

そしてこれはイギリス留学時代に僕が身につけた、とっておきのテクニックです。

というのも留学当初、あまりにも相手の言っていることが多すぎて、段々と聞き返すのが面倒くさくなってしまったのです(笑)

そこで今回紹介するテクニックを生み出しました。

ではそのテクニックは何かというと・・・

自分が聞き取れた部分だけをピックアップして、相手に質問することです。

これだけだと、何のことかわからないと思うので、詳しく説明していきますね。

会話をする中で相手の言っていることがわからないからといって、聞き返してばかりいるとどうしてもリズムが悪くなってしまいます

そのため、聞こえてきたところだけにフォーカスして質問をしていきます
例えば、相手の言っている内容が8割わからなくても、2割わかったところから相手に質問していくのです。

すると、会話が成り立っているように見えます。

日本人はどうしても完璧を求めてしまうので、全部を理解しようとします。
でもそれは日本で生まれ育った限り、かなり厳しいです。

聴く場合にも完璧を捨てましょう

ビジネスの場面でオススメしないのは、この方法を使うと大事な部分を聞き逃してしまう可能性があり、リスキーだからです。

あくまでも日常会話の中でしか使えないことを、覚えておいてください。

ちなみにこの方法は、何もわからない部分を無視するという訳ではありません。
もちろん会話の中で重要なところは、聞き返す必要があります

でもそれをやり過ぎると良い関係を作るのが難しくなるというお話です。

この辺りの感覚はどうしても文章だけだと理解しにくいと思うので、是非実践を繰り返して鍛えて欲しいと思います。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)