青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

その他

仕事のパフォーマンスが高い人は英語も上達しやすい!

仕事のパフォーマンスが高い人は英語も上達しやすい!

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

色々な人に英語を教えていて思うのは、仕事のパフォーマンスが高い人は英語の上達スピードも圧倒的に早いことです。

もちろん例外はあるのでしょうけど、事業が上手くいってる方や会社の中で昇進している方を見ると英語の成長スピードが大体速いです。

なぜかを考えてみると、英語が話せるようになることって結局仕事を進めていくのと同じプロセスなんだと思います。

英語を勉強していく時のプロセスは以下のようになります。

・目的・目標をまず明確にする。
・正しいやり方で英語を勉強する。
・自分の英語が上手く伸びているか確認する。
・やり方を修正しながら継続する。

言い換えるとPDCAを回していく感じなんですが、結局仕事を進めていくプロセスも大体同じなんだと思います。

ちなみに英語ができる人が必ずしも仕事のパフォーマンスが高いわけではありません(笑)
特に帰国子女や留学で英語を身につけた人は、中途半端に欧米文化が身についていて、日本で扱いにくかったりします(笑)

ただ、日本にいながら大人になって独学で英語を身につけた人に関して言うと、PDCAを回さないと英語は話せるようにならないので、仕事のパフォーマンスが高い人が多いように思います。

僕が英語を教えている理由は、仕事のパフォーマンスが高いにもかかわらず英語が出ない企業や個人が、海外に進出するお手伝いをすることです。

僕の今回の仮説が正しければ、仕事で上手く行っている人は英語に取り組めば必ず話せるようになるはずなので、どんどん取り組んで世界で活躍して欲しいです。

仕事で忙しいのはわかるんですけど、そこを何とかお願いします(笑)

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)