青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

その他

日本人と欧米人の違い〜恋愛に対する考え方〜

日本人と欧米人の違い〜恋愛に対する考え方〜

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

昨日、友達とその友達のアイルランド人と上野公園へ行ってきました。
雨の予想でしたが、奇跡的に晴れて何とか今年初の花見をすることができました。

いつになっても、桜を見ると落ち着きますね。

さて、アイルランド人の方と色々な話をしたのですが、一番盛り上がったのは日本と欧米の恋愛事情の違いでした。

欧米には「告白する」という概念がないのをご存知でしょうか?
日本だと、誰かと付き合うときにまずは告白するのが普通ですが、欧米では告白をしないのです。(若者の一部はするようですが。)

ではどういう風に付き合うのかというと、1対1でデートに誘って相手がオッケーをした瞬間が恋愛の始まりとなるようです。
日本人からすると、ちょっと理解できない概念ですよね?

1対1で会ってみて初めて見えてくる部分って結構あると思うので、「デートした瞬間=付き合う」というのは、かなり文化の違いが反映されているように思います。

ちなみにこういった違いって、英語にも反映されています。

まず「告白する」という単語には一応confessというものがありますが、欧米人と話をしていて聞いたことがありません。
でもそもそも告白するという概念自体がないので、当然といえば当然かもしれません。

代わりに、ask out(デートに誘う)という言い方のほうが自然だと思います。

I asked her out yesterday.
(昨日、彼女をデートに誘った。)

そして、面白いのがdateという単語。
dateには日本語と同様「デート」という意味がありますが、動詞で「〜と付き合う」という意味もあります。

先ほどお話したように、「デートした瞬間=付き合う」という概念があるからこそ、dateが「〜と付き合う」という意味を含んでいるのではないかと思います。

使い方としては、以下の通りです。

Are you dating anyone?
(誰かと付き合ってる?)

We have been dating for five years.
(私たちは5年間付き合っている。)

言葉と文化って密接に関係していて本当に面白いですね!

今後も日本人と欧米人の違いについて紹介していくので、楽しみにしていてください。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)