青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

文法

「日本人が日本語の文法を知らなくても話せるように、英語も文法は必要ない」は 全く的を得ていないことについて

「日本人が日本語の文法を知らなくても話せるように、英語も文法は必要ない」は 全く的を得ていないことについて

こんにちは!
「青春English部」部長の杉原浩二郎です。

タイトルが長くてすみません(笑)

以前にも少し書いことがありますが、改めて大人になってからの文法の重要性について
今回の話はあくまでも大人になってからの話です。

よく、「日本人が日本語の文法を知らなくても話せるように、英語も文法は必要ない」という文法不必要論者がいますが、論点が少しずれているように思います。

私たち日本人は確かに文法を学ぶんでいないにも関わらず、日本語を不自由なく話すことができます

ただし、それは子供の時から日本語のシャワーを浴び続けてきたからです。
そういう条件があって、初めて「文法を知らなくても」言語が話せます。

よって、英語という外国語を大人になってから学んでいくとなると、話が変わってきます

まず、日頃から英語をシャワーのように浴び続けるという環境を作るのが難しいです。

英語しか使わない会社にいるのであれば、話は別ですがそのような環境にいる人は稀でしょう。

また、子供と大人では吸収力が圧倒的に違います

ある説では、言語習得が比較的簡単に行える状態は10〜12歳までに終わると言われているので、そもそも子供と同じやり方で大人が英語を勉強すること自体が疑問です。

ちなみに、「留学すれば文法を知らなくても話せるんでしょ。」と思うかもしれませんが、それも誤解です。

留学しても文法などの基礎力がないと、ブロークンイングリッシュが身についてしまいます

よく、「単語だけ並べれば通じる。」と言う人がいますが、実際は大して伝わっていません。

ネイティブスピーカーもいちいち聞き返すのが面倒なので、わからない部分があっても聞き返さないことがあるのです。

まあ、文法と言うと、どうしても学校教育の影響で悪いイメージを持っている人が非常に多いです。
関係代名詞とか聞くと、吐き気がする人も多いのではないでしょうか(笑)

ただ、こういう用語を覚える必要は全くないです(僕自身も知らない文法用語ばかりなので)。
あと、文法と言っても覚えるのは中学文法で十分です。

中学文法さえ抑えておけば、会話で困ることはまずありません。
相手に幼稚と思われることもないです。

そのぐらい英語はシンプルなものなのです。

是非、文法という言葉に悪いイメージを持たずに取り組んで欲しいと思います。
長期的に見ると、必ず基礎を抑えた人の方が伸びるので。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
毎月約10のセミナー、イベントをしています。
詳しい情報は以下からご確認ください。

コメントする

*
*
* (公開されません)