青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

文法

YesとNoの答え方が紛らわしい否定疑問文

YesとNoの答え方が紛らわしい否定疑問文

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

今までも日本人が間違いやすい英語をたくさんブログの中で紹介してきましたが、今回はおそらく最も多くの日本人が間違えるのではないかと思う、否定疑問文の答え方です。

否定疑問文とは通常のDo youやAre youと違って、Don’t youたAren’t youから始まる疑問文のことです。

例えば、

Don’t you like him?
(彼のことが好きじゃないの?)

と聞かれた時に、「好きじゃない」と言いたい場合YesとNoのどちらで答えらばいいかわかりますか?

正解は・・・

Noです。

これ、ほとんどの人が Yesと答えてしまうのですがNoと答えないといけません。

ではどう考えればいいかということですが、実は簡単な方法があります。
それはI like him.と言いたい場合はYes、I don’t like him.と言いたい場合はNoになることです。

言い換えると肯定したい場合にはYes、否定したい場合にはNoとなるのです。
そう考えると簡単ですよね?

多くの日本人が間違えてしまうのは、日本語で考えるからです。
日本語と英語はそもそも全く違う言語なので、同じ感覚で捉えてはいけません。

もう少し別の例文も見ていきましょう。

Don’t you want to play tennis?
(テニスをしたくないの?)

と聞かれた時に、「テニスをしたい」と言いたい場合YesとNoのどちらでしょうか?

正解は・・・

Yesです。

いかがでしょうか?

今回のケースは英語独特の感覚なので、なかなか理解するのが難しいかもしれませんが、ルールを覚えてしまえば簡単です。

YesとNoを逆に答えてしまった場合、相手を混乱させてしまいます
是非使い分けられるようにしましょう。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)