青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

単語

ifのもう1つの意味とは?

ifのもう1つの意味とは?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

ifといえば、「もし〜ならば」という意味で使われるのが一般的だと思います。
しかし、実はもう1つ非常に重要な意味を持っていることをご存知でしょうか?

それは、「〜かどうか」という意味です。
以下をご覧ください。

I don’t know if my boss trusts me.
(上司は私を信頼しているかわからない。)

Can you tell me if you can join the meeting this afternoon?
(今日の午後の会議に参加できるかどうか教えてもらえる?)

今回のifを使う時の1つ目のポイントとしては、2つの選択肢がある場合に使うことができる点です。

例えば、1つ目の文章だと「私を信頼しているか、していないか。」、
2つ目の文章だと「会議に参加できるか、できないか。」という2つの選択肢です。

そして、2つ目のポイントはif以下が名詞として扱われることです。

例えば、1つ目の文章だと「上司は私を信頼しているか」という部分、
2つ目の文章だと「今日の午後の会議に参加できるかどうか」が名詞という固まりになっています。

ちなみにifの代わりにwhetherを使うことも可能となります。

I don’t know whether my boss trusts me.

Can you tell me whether you can join the meeting this afternoon?

違いとしては、まずwhetherの方が少し堅く、ifの方がカジュアルな点です。

他だと例えば、whetherは主語として使えますが、ifは使えないという違いがあります。

○ Whether I can pass the exam depends on my effort.
× If I can pass the exam depends on my effort.
(その試験に合格するかどうかは私の努力次第だ。)

※depend onー〜次第だ

めちゃめちゃ便利で必須なifなので、必ず使えるようになりましょう。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)