青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

フレーズ

「引き継ぐ」を英語で

「引き継ぐ」を英語で

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

生徒さんの1人でワインの貿易をしている方がいます。
その方と同じ部署だった方が最近辞めてしまったらしく、その引き継ぎで覚えることがたくさんあるようです。

さらに、その生徒さんの仕事の一部を別の方に引き継ぐ作業もあるそうで、てんやわんやの状態が続いているようです。

このように仕事を「引き継ぐ」と言いたい時、英語でどう言えばいいかわかりますか?

今回は誰かから引き継ぐ場合と、自分から引き継ぐ場合の2つに分けて紹介します。

誰かから引き継ぐ

まず「誰かから引き継ぐ」方ですが、take overを使います。
例えば、以下のような使い方です。

I took over the job of my co-worker.
(同僚の仕事を引き継いだ。)

I want to take over his position.
(彼の役職を引き継ぎたい。)

自分から引き継ぐ

今度は「自分から引き継ぐ」方ですが、hand overを使います。
以下をご覧ください。

I have to hand over some of my tasks to my staff.
(私の部下に仕事の一部を引き継がなければいけない。)

I handed over my position to a new employee.
(新入社員に私の役職を引き継いだ。)

toは「〜へ」という意味なので、後ろに自分が仕事を引き継ぐ人を持ってきます
toはある方向に向かっていくニュアンスです。
(go to, talk toなども「〜へ」向かっていくニュアンス。)

hand overの代わりにturn overを使うこともできます

Next month, I’m going to turn over my company to my son.
(来月息子に会社を引き継ぐ)

以上となります。
仕事や役職の引き継ぎの際に使える便利な表現なので、是非覚えておきましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)