青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

文法

現在完了の使い方③〜経験〜

現在完了の使い方③〜経験〜

こんにちは!
「青春English部」部長の杉原浩二郎です。

今回はいよいよ現在完了シリーズの最終回です。
昨日までもお伝えしましたが、現在完了には以下の3種類があります。

①継続
②完了、結果
③経験

今回はこの中の③経験に関してです。
経験を表す場合、意味は「〜したことがある」となります。

継続や完了、結果と違い過去から現在まで動作が継続している訳ではなく、過去から現在までである動作をしたかどうか?を表すのがポイントです。

では以下の2つの文章を比較してみましょう。

I played soccer.

I have played soccer.

違いがわかりますか?

まず上の文章は「私はサッカーをした。」という単なる過去の事実なので過去形になります。

一方で、下の文章は「私はサッカーをしたことがある。」という経験を表す現在完了です。

経験の現在完了でよく使われる表現として、have been toがあります。
意味は「〜へ行ったことがある」となります。

例文を見てみましょう。

I have been to America.
(私はアメリカに行ったことがある。)

ポイントはhave gone toではないことです。
have gone toの場合、②の完了、結果の意味となり「〜へ行ってしまった(結果として今ここにいない)」となります。

以下のような使い方です。

She has gone to the place.
(彼女はその場所に行ってしまった。)

最後に経験の現在完了でセットで使われる、everneverに関してです。

everは疑問文で使われ「これまでに」という意味になり、neverは否定文で使われ「これまでに〜ない」という意味となります。

以下をご覧ください。

Have you ever been to America?
(これまでにアメリカに行ったとがありますか?)

I have never been to America.
(私はこれまでにアメリカに行ったことがない。)

現在完了の3回シリーズ、いかがだったでしょうか?
現在完了は使用頻度が高く便利な表現なので、是非使いこなせるようになりましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
毎月約10のセミナー、イベントをしています。
詳しい情報は以下からご確認ください。

コメントする

*
*
* (公開されません)