青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

単語

interestingとinterestedの違いとは?

interestingとinterestedの違いとは?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

日本人が間違いやすい英語の1つが、interestingとinterestedの違いです。

例えば、以下のような間違いをしてしまう人が非常に多いです。

This movie is very interested.
(正しくはThis movie is very interesting.)

I’m interesting in this movie.
(正しくはI’m very interested in this movie.)

このような間違いを避けるためには、まずinterestが「興味をもたせる」という動詞であることを理解する必要があります(ちなみに名詞の「興味」という意味もあります。)。

よって、以下のような文章が成り立ちます。

This movie interests me.
(この映画は私に興味をもたせる。)

このinterestを基に作られたのがinterestingとinterestedという単語なのです。
それぞれ、

interesting=興味深い
interested= 興味をもたされている⇒興味がある

となります。

よって、先ほどの文章は以下のような意味になります。

This movie is very interesting
(この映画はとても興味深い。)

I’m interested in this movie
(私はこの映画にとても興味を持っている。)

ちなみにinterestingとinterestedの関係は、他のboringとbored、excitingとexcited、disappointingとdisappointedなどの関係にも共通します。

例えば、boringとboredの場合ですが、boreが「退屈させる」という動詞であることを考えるとわかりやすいと思います。

よって、

boring=退屈な
bored=退屈にさせされる⇒退屈する

となります。

いかがでしょうか?
何となく英語を使うのではなく、今回のように「なぜその言葉を使うのか?」をきちんと考えるとミスが少なくなります

是非、参考にしてみてください!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)