青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

フレーズ

be made ofとbe made fromの違いとは?

be made ofとbe made fromの違いとは?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

今回はよく似ているけど微妙に違うbe made ofとbe made fromの違いについてお伝えします。

日本語にするとどちらも、「〜で作られている、〜で出来ている」という意味ですが、ニュアンスは異なります。

まずはそれぞれの例文を見ていきましょう。

This chair is made of wood.
(この椅子は木で作られている。)

Paper is made from wood.
(紙は木で作られている。)

いかがでしょうか?

正解はbe made ofの場合は後ろに材料が来て、be made fromの場合は後ろに原料が来ることです。

もう少し詳しく言うと、be made ofの場合、作られる過程で元の素材が変化しませんが、be made fromの場合は変化します。

例文を使って解説すると、be made ofの場合、物質がwoodのままchairになりますが、be made fromの場合は物質のwoodが形を変えてpaperになります

もう少し例文を見ていきましょう。

This jacket is made of leather.
(このジャケットはレザーで作られている。)

Natto is made from soybeans.
(納豆は大豆から作られている。)

是非、両者を使い分けられるようにしましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)