青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

フレーズ

「酔っ払う」は程度によって表現が変わる

「酔っ払う」は程度によって表現が変わる

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

「酔っ払う」を英語で言おうとした時に、何という単語が思いつきますか?
恐らく多くの人がdrunkを思いつくと思います。

しかし、実は英語は「酔っ払う」の程度によって使う単語が変わってきます
今回の記事では英英辞典を参考にしながら、色々な「酔っ払う」の表現をお伝えします。

drunk

まずは一般的な「酔っ払う」を意味する、drunkです。
英英辞典で調べると以下のような意味になります(Longman調べ)。

unable to control your behaviour, speech etc because you have drunk too much alcohol

上に書かれてることを簡単にまとめると、「アルコールを飲みすぎて、行動や会話の自由がきかない」といった内容になります。

よって、日本語で使われる「酔っ払う」よりはやや強い意味で使われています。

I don’t get drunk easily.
(私は酔いにくい。)

tipsy

これは、「ほろ酔い」を表す単語です。
英英辞典には以下のように書かれています(Longman調べ)。

slightly drunk

「わずかにdrunkである=ほろ酔い」となります。

As I just drank a glass of beer, I’m tipsy.
(グラス一杯のビールを飲んだだけなので、ほろ酔いだ。)

wasted

これは、「泥酔」を表す単語です。
英英辞典には以下のように書かれています(Longman調べ)。

very drunk or affected by drugs

「とてもdrunkである=泥酔」となります。

She got wasted because she drank too much wine.
(彼女はワインを飲みすぎたので、泥酔した。)

その他

soberーしらふ

He is quiet when he’s sober.
(彼はしらふの時はおとなしい。)

black out、pass outー記憶をなくす

Yesterday I drank too much and blacked out.
(昨日お酒を飲みすぎて、記憶をなくした。)

今回紹介した単語が「酔っ払う」に関する基本単語なので、これらを抑えておけば困ることはないでしょう。

コメントする

*
*
* (公開されません)