青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

単語

2種類のReally?の使い分け

2種類のReally?の使い分け

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

今回取り上げるのはReally?について。

誰もが使ったことがあるぐらい有名なReally?ですが、実は語尾を上げるか下げるかで意味合いが変わってくることをご存知でしょうか?

2種類のReally?を使いこなせるようになると、更に幅を広げることができます。

語尾を上げた場合

「本当?」
「そうなの?」

という感じで、相手の発言に対して驚きを表す場合に使います。
もちろん相手の発言に対して、疑問を投げかける場合にも使いますが、驚きを表す方が一般的だと思います。

疑問を投げかける場合は、

Is that so?
Are you sure?
Are you serious?

などの表現を個人的にはよく使っています。

語尾を下げた場合

「へ〜そうなんだ。」
「なるほど。」

といった
単なる相槌としての意味になります。

代わりの言葉としては、

I see.
OK.
Right.

などが挙げられます。

是非、2種類のReally?を使いこなせるようになりましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)