青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

フレーズ

sit inという表現は正しいのか?

sit inという表現は正しいのか?

こんにちは!
「青春English部」部長の杉原浩二郎です。

何度かこのブログでお伝えしてきましたが、英語の感覚を学ぶことはとても大切な要素です。

中でも前置詞の感覚というのはとても大切だと思っています。
例えば、以下の表現はどちらが正しいかわかりますか?

I sat on a sofa.

I sat in a sofa.

普通、I sat on a sofa.が正しいと感じるかもしれません。
しかし、正解はどちらも正しいのです。

I sat in a sofa.という表現はあまり馴染みがないかもしれませんが、しっかりと通じます。
ただ、両者のニュアンスは違います

どのようにニュアンスが違うかわかりますか?

この時に重要なのが前置詞のイメージを掴むことです。

まずonは「(何かが)上に乗っかっている、あるいは接している」というのが基本的な概念です。
よって、sit on a sofaの場合、通常通りソファに座っていることになります。

一方で、inは「(何かの中に)入っている」というのが基本的な概念です。
よって、sit in a sofaの場合、ソファに深く座っていることになります。

このように、「〜に座る=sit on〜」と安易に考えるのではなく、前置詞によってニュアンスが変わっていくことを理解しましょう

これが英語の感覚が身についている状態と言えます。

直訳だけに頼るのではなく、単語のイメージが掴めるようになると圧倒的に英語が上手くなっていきます

英語は感覚で考えましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
毎月約10のセミナー、イベントをしています。
詳しい情報は以下からご確認ください。

コメントする

*
*
* (公開されません)