青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

発音

英語の発音は本当に重要か?

英語の発音は本当に重要か?

こんにちは!
「青春English部」部長の杉原浩二郎です。
英語の発音は重要か?
これは英語指導者の中でも結構意見が分かれるところです。

発音は絶対にやらないといけないと言っている人もいますし、発音は全く必要ないと言っている人もいます。

では僕はどう考えるかというと、ネイティブスピーカーのような発音は目指さなくてもいいですが、最低限の発音は抑えたほうがいいと考えています。

最低限知っておくべき英語の発音とは?

最低限の発音とは何かというと、まず1つはLとR、BとV、SとTH、SとSHといった日本人が区別しにくい音を区別して発音できることです。

ここでは詳しくは説明しませんが、それぞれ全く違う発音になります。

例えば、あまり知られていないSとSHの違いを説明すると、Sは口を横に大きく開きますが、SHは口を前に尖らせます
よってseeとsheは違う発音になります。

2つ目は語尾の抜け落ちです。
よく言われるのが語尾のT、D、G、Eが抜け落ちることです。

どういうことかというと、I don’t like it.と発音する時に、英語ではそれぞれのI、don’t、like、itを明確に分けて発音しません。
実際にはdon’tのT、likeのE、itのTが消えます。

もっとわかりやすい例を挙げると、Good morning.と発音するときに、GoodのD、morningのGが消えます。

英語の発音のルールを知るメリット

ではこういった発音のルールを知っているとどのようなメリットがあるのでしょうか?
1つは聞き返されたときに上手く対処できることです。

僕はかつてイギリスに留学したときに発音を一切勉強せず、自己流で発音していました。
結果として、相手から聞き返されたときに発音のルールを知らないため、どう対処すればいいかわからずに、自分の言いたいことを伝えられないケースがありました

帰国後は発音をしっかり体系的に学んだため、相手から聞き返されたときに発音を少し修正することで上手くコミュニケーションが取れるようになったのです。

また別のメリットは聴き取りが上達することです。
「発音と聴き取りがどのように関係しているの?」と疑問に思うかもしれませんが、実は両者には密接な関係があります。

一般的に人は自分が発音できる音しか聴き取れないと言われています。
よって、発音できる音が増えればリスニング力も高くなります

このようなメリットがあるため発音は最低限勉強した方がいいですが、ネイティブスピーカーのような発音を目指す必要はありません
なぜならば、日本語訛りでも十分通じるからです。

まとめ:ネイティブスピーカーのような発音は目指さなくて良い!

僕自身、今でも日本語なまりがありますが、全く問題なくコミュニケーションが取れています。

もちろんネイティブスピーカーのような発音が手に入ればかっこいですが、そのために時間をかけるのであれば、会話を流暢にする方に力をかけた方が絶対に効率的です。

是非、これから英語を勉強する方は参考にしてほしいと思います。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
毎月約10のセミナー、イベントをしています。
詳しい情報は以下からご確認ください。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 英語発音に関しては、完ぺきにネイティヴになる必要はありませんが、電話などの商談や、特に数字を多用に扱う仕事となると、相手に正確に伝えるために発音練習が必要かと思います。日本語の発音と英語の発音では、唇と舌の使い方が違うので、その違いを知って練習すること。例えば、 Wの発音は、唇をとんがらせるとか、L の発音で、ClearとWellのLの音の出し方を教えてあげるとよいかもです。基本的にはアルファベットのAからZの音を正しく練習することが大切かと思います。

    • コメントありがとうございます。
      確かにW、そしてLとRはなかなか難しい発音ですよね。

コメントする

*
*
* (公開されません)