青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

フレーズ

「〜できるように」という便利なso thatの使い方とは?

「〜できるように」という便利なso thatの使い方とは?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

今回紹介するのは、「〜できるように」という意味のso that
個人的によく使う表現で、かつ便利なので今回使い方を解説していきたいと思います。

so that (〜できるように)の基本的な使い方

so thatの後ろには文章(S+V)を持ってくるのがルールとなっています。
以下、例文を見ていきましょう。

①You should study English harder so that you can talk with foreign people more smoothly.
(外国人ともっとスムーズに話せるように、あなたはもっと英語を一生懸命勉強したほうがいい。)

②Why don’t you prepare for packing in advance so that you don’t have to hurry?
(急がなくてもいいように、事前に荷造りをしたらどう?)

③I think we need to change our training program so that we can get better sales results.
(我々はもっと高い営業の成果が出せるように、教育プログラムを変える必要があると思う。)

こんな感じになります。
何となく使い方はわかりましたか?

ここで勘のいい方は、so thatを別の表現で言い換えができることに気がついたかもしれません。

目的のtoを使って言い換えが可能

そう、so thatは目的のtoを使って言い換えが可能なのです。
(ただし、全てではありません。)

①と③については、toを使って以下のように言い換えが可能になります。
※②に関しては、文法上toを使った言い換えはできません。

①’You should study English harder to be able to talk with foreign people more smoothly.
③’I think we need to change our training program to be able to get better sales results.

まとめ:so that (〜できるように)を使って表現の幅を広げよう!

今回のso thatあるいはtoは表現の幅を広げる上で、とても便利な表現です。
記事を読むだけでなく、是非どんどんと実践をしていくことで、自然に使えるようになりましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)