青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

リスニング

洋楽は英語のリスニングに役立つのか?

洋楽は英語のリスニングに役立つのか?

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

英語の勉強方法についてよく聞かれるのが、

「洋楽は英語のリスニングに役立つのか?」

という質問です。

これについては意見が分かれるところですが、個人的にはそこまで役に立たないと思っています。
なぜ、洋楽は英語のリスニングにあまり役立たないのでしょうか?

洋楽は文法がめちゃくちゃ

まず1つ目ですが、洋楽は文法がめちゃくちゃな曲が多いからです。
もちろん曲にもよりますが、特にロックやパンクは文法が正しくない曲が多く、そのまま覚えてしまうと結構危険です。

特にビジネスで使いたい方は、ビジネス英語とあまりにもかけ離れているので不適切な表現を覚えてしまう可能性があるのです。

洋楽は聴き取りが難しい

2つ目は、洋楽は聴き取りが難しいということが理由です。

なぜ聴き取りが難しいかというと、1つは歌詞をはっきりと発音しない歌手が多いからです。

日本語でもそうですが、歌詞を見なければ何と歌っているかわからない歌手っていますよね?
ミスチルとか、B’zとか(笑)

英語も一緒ではっきりと歌わない歌手はいるので、そういった曲でリスニングの練習をするのは効率が非常に悪いです。

あと、洋楽の聴き取りが難しい理由は音楽があるからです。
音楽があると割とスローテンポの曲でも聴き取りが難しくなります。

このような理由から、洋楽はリスニングに適した方法とは言えません。

まとめ:洋楽ではリスニングの成果は上がりにくい!

いかがだったでしょうか?

もちろん、洋楽を通じて英語が上達した人は存在するので、洋楽を全面的に否定する訳ではありません。
しかし、教材のCDやドラマ、映画の方がやはり成果は上げやすいです。

特に社会人は忙しく英語に割くことができる時間が限られているので、効率的な勉強を目指していきましょう!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)