青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

英語の勉強方法

英語を勉強しても、成果が実感できない人が知っておくべきこと

英語を勉強しても、成果が実感できない人が知っておくべきこと

こんにちは!
「青春English部」部長の杉原浩二郎です。

英語を勉強している人の悩みで多いのが、
英語を勉強しているけど、成果が実感できない・・・
というもの。

僕の生徒さんにも結構よく言われます。
そして僕はその度に違和感を覚えます。

なぜ違和感を覚えるかというと、生徒さんの英語力は確実に伸びているからです。

でも自分ではなかなか気が付きにくい。
それが英語の非常に厄介なところです。

なぜ英語はなかなか実感がわきにくいかというと、英語力はそもそも急激に伸びないからです。

英語は成長を実感しにくい

実は僕自身も過去を振り返ってみると、同じような経験をしていました。

イギリス留学前、僕は毎日死ぬ気で英語を勉強していました。
ただ、いくらやっても英語が伸びているという実感がわきませんでした。

でも実際には僕の英語力は伸びていたのです。
なぜそれがわかったかというと、テストのスコアが伸びていたからです。

イギリスに行くにはIELTSという試験が必要となります。
自分では英語力の変化をあまあり感じられなかったものの、IELTSのスコアは確実に伸びていたのです。

このように成長の実感が感じられないと何が起こるかというと、モチベーションの低下です。

「このまま続けて本当に意味があるのか?」
「自分には英語の才能がないのではないか?」

といった感情が徐々に生まれてきて、やがて勉強をやめてしまいます。

もちろん、きちんと正しい方法で勉強をしていればという前提ではありますが、継続している人は確実に伸びているので、途中でやめてしまうのは本当にもったいないと思います。

どうすれば英語の成長を実感できるか?

では、どうすれば成長の実感を感じられるかというと、2つ方法があります。
1つは過去の成果物を見直すことです。

これはどういうことかというと、過去(例えば3ヶ月前)に作った英作文や録音した音声を見直すことです。
すると、予想以上に過去の自分は出来ていなかったことに気がつくはずです。

英語を勉強していると当たり前の基準がいつの間にか変化しています。
次のステージに進んでいく過程で、過去に自分ができていなかったことが忘れ去られていくのです。
それを防ぐためにも、過去の成果物の見直しが必須となります。

もう1つは定期的に成果を測る機会を持つこと
例えば僕のようにテストを受講するのも1つです。
テストはTOEICやTOEFLなども選択肢になるかと思います。

あと、例えば定期的に外国人と会話をする機会を持つこともオススメです。
すると、前回と比べてみて自分の英語力がどう変化したのかを測ることができます。

期間としては3ヶ月などなるべく短い期間が望ましいです。
そうでないと、モチベーションの維持が難しくなります

まとめ:英語は辛抱強く継続していこう!

いかがでしょうか?
もしもあなたがなかなか成果が出なくて悩んでいるのであれば、是非今回の記事の内容を参考にしてみてください。

英語はある程度長期的にやらないと、なかなか成果が出づらいものです。
辛抱強く継続していきましょう

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
毎月約10のセミナー、イベントをしています。
詳しい情報は以下からご確認ください。

コメントする

*
*
* (公開されません)