青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

英語の勉強方法

英語が必ず話せるようになる3つの方法とは?〜Part1〜

英語が必ず話せるようになる3つの方法とは?〜Part1〜

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

タイトルは少し煽り気味ですが、中身はかなり真面目な記事です(笑)
英語が話せるようになりたいのであれば、3つしかないなと最近思うようになりました。

その3つとは、

①仕事で使う
②留学する
③パートナー(彼氏、彼女)を作る

です。
それぞれについて説明していきますが、今回の記事では①の「仕事で使う」に関して。

これは仕事で英語を使う環境に身を置こうという意味です。
僕はこれまでグローバル企業3社で働いた経験がありますが、日々の業務をする中で自然に英語が上達していきました。

仕事で英語を使うとなると、上手くなっていくのは当然です。
なぜかというと、緊張感がある中で英語を使っていく必要があるからです。

この緊張感があるからこそ、上達のスピードが圧倒的に早くなります。

ただここで、
「私は英語を使った仕事をしたいけど英語力がないから、そんな会社で働くのは無理・・・」

ともしかしたら考えるかもしれません。

しかし、そこは何とかなります!
具体的にはTOEICと面接対策をすればいいのです。

幸か不幸か、日本の企業は未だにTOEICを重視する傾向にあります。
よって、TOEICの点数さえ良ければ書類選考を通過する確率が高くなります

企業によって求める点数は違いますが、700点以上を最低限求める企業が大多数だと思います。

TOEICは英語力ではなくテクニックである程度カバーできてしまうので、テスト対策をすることで短期間でスコアを伸ばすことが可能となります。

そしてもう1つ重要なのが英語での面接対策です。
これは一見、ハードルが高そうに見えますが準備さえ万全にやれば何とかなる可能性が高いです。

日本語での面接もそうですが、英語の面接もどのような質問が聞かれるかはある程度決まっています
それらの質問を徹底的にシミュレーションすることで、対策は可能になります。

以上のようにTOEIC、面接対策をすることで英語力がそこまで高くなくても英語を使うグローバル企業に入社することはできます。

英語力がそこまで高くないまま入社すると当然苦労することも多いですが、やはりそういった英語を使わざるを得ない環境に身を置くことが英語上達の近道となります。

1点注意が必要なのは、具体的にどの程度の英語を仕事で使うか?ということです。

一言で「仕事で英語を使う」と言っても、メールを書くだけで全く話せなくていい場合もありますし、逆に電話対応をしなければいけない場合もあります。

当然、英語が話せるようになりたければ、メールだけでは上手くならないので、メールだけを使う会社は適しているとは言えません。

事前に会社での仕事内容をしっかりと調べておきましょう!

明日は②の留学編をお伝えします。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)