青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

文法

そもそもbe動詞とは?〜Part1〜

そもそもbe動詞とは?〜Part1〜

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

英語を教えていて感じるのは、英語が苦手な方はbe動詞が何かを分かっていないなということです。

という訳で、be動詞とは何かを2回に分けて解説いきたいと思います。

今回はシリーズの1回目となります。

英語の基本構造

be動詞の前に説明しなければいけないのが、英語の基本構造です。
英語では、基本的に以下の構造になっています。

主語⇨動詞⇨結論

もちろんもっと複雑になるパターンもありますが、基本はこの型です。
例えば、

I like this bag.

I play soccer.

などがこの型に当てはまります。

そして、動詞には2種類あり、1つがbe動詞、もう1つが一般動詞です。
一般動詞に関しては、数が膨大なため、今回はbe動詞のみにフォーカスして、説明していきます。

be動詞は主語=結論

be動詞は現在形ですと、am、is、areの3種類
過去形ですと、was、wereの2種類になります。

そして、be動詞の基本的な考え方として重要なのが、主語=結論になることです。

①I am a student.
②I am happy.

例えば、①の場合、I= a student(私=学生)になり、
②の場合、I=happy(私=幸せ)となります。

be動詞自体には意味はなく、主語と結論をつなぐ役割のみを持っています。

まとめ:be動詞は主語と結論がイコールの場合に使う

以上、1回目のbe動詞の解説でした。
次回はbe動詞のもう1つのポイントを解説したいと思います。

楽しみにしていてください。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)