青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

文法

Yes/Noで答えられる疑問文

Yes/Noで答えられる疑問文

こんにちは!
最小限の英語力と学習プロセスで英語が話せる「ミニマムイングリッシュ」代表の杉原浩二郎です。

以前、「疑問文の種類」という記事の中で、疑問文は

「Yes/Noで答えられる疑問文」と「Yes/Noで答えられない疑問文」の2つに分けられると言いました。

今回は「Yes/Noで答えられる疑問文」の作り方を詳しく解説します。

Yes/Noで答えられる疑問文は「be動詞」と「一般動詞」によって、作り方が変わってきます

be動詞の場合

これは簡単で、単に主語と動詞をひっくり返すだけです。
例えば、以下のようになります。

He is a student.
⇒Is he a student?
(彼は学生?)

They were satisfied with the yesterday’s meeting.
⇒Were they satisfied with the yesterday’s meeting?
(彼らは昨日の会議に満足だった?)

She will be back by tonight.
⇒Will she be back by tonight?
(彼女は今夜までに戻ってくる?)

現在形に限らず、過去形、未来形も全部ルールは同じです。

一般動詞の場合

文頭にdo、does、did、willを持ってきて動詞を原形に戻すだけです。
以下をご覧ください。

You like soccer.
⇒Do you like soccer?
(あなたはサッカーが好き?)

She plays the guitar.
⇒Does she play the guitar?
(彼女はギターが弾ける?)

They went to Osaka last week.
⇒Did they go to Osaka last week?
(彼らは大阪に先週行った?)

He will travel to Europe next week.
⇒Will he travel to Europe next week?
(彼は来週ヨーロッパに旅行する?)

一般動詞の場合も、現在形、過去形、未来形のどれもルールは同じです。

このようにbe動詞も一般動詞もルールがシンプルなので、疑問文を作ることはそこまで難しくありません。

次回以降、Yes/Noで答えられない疑問文のルールについて説明していきます。
お楽しみに!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
セミナーのご案内

『最低限の単語と文法を使って、
ビジネスの場面ですぐに使える
ミニマムイングリッシュ!』

毎月グローバル企業で働くために必要な
英語のコツ、学習プロセスをお伝えしています。

詳細お申し込みはコチラから

コメントする

*
*
* (公開されません)