青春English部

「本気で学び本気で楽しむ」英会話コミュニティ

ビジネス英語

ビジネス英語は難しいと思っているあなたへ伝えたいこと

ビジネス英語は難しいと思っているあなたへ伝えたいこと

こんにちは!
「青春English部」部長の杉原浩二郎です。

英語について相談されるときに違和感を感じるのは、
まずは日常英語からスタートしたいと思います。
という一言!

この一言、すごく違和感があります。
なぜかというと、ビジネス英語よりも日常英語の方が難しいからです!

「え、そうなの!?」と結構意外と思うかもしれませんが、ビジネス英語ってそこまで難しくないのです。

その理由は大きく分けて2つあります。

ビジネス英語は使う単語が限られる

まず1つ目は、日常英語の方が多岐にわたるけど、ビジネスは使う単語が限られていること。
ビジネスは日常英語に比べて、場面が限られていますし、流れも予測できます。

そして表現がある程度テンプレート化されているので、単語や言い回しを覚えてしまえばそれを応用するだけで何とかなります。
例えば商談の時は、納期を聞く、価格を聞くなどパターンが決まっています。

しかし、日常英語の場合、テーマは多岐にわたります。

例えば、自分の好きな映画のストーリーを説明できますか?
また、納豆はどんな食べ物かを説明できますか?
結構難しいと思います。

英語を本当に話せる人は自分が想定していない質問にも答えることができますが、そうでない人は準備したことしか話せません。
よって、ある程度展開が読めるビジネス英語の方が簡単なのです。

ビジネスの場面では相手が話を聞いてくれる

2つ目の理由は、ビジネスの場面では英語がそこまで上手くなくても相手がちゃんと話を聞いてくれることです。

ビジネスなので、相手は英語力ではなく話の内容を一番重視します。

そのため、理解しようと話をしっかり聞いてくれるし丁寧に接してくれるケースが多いです。
もちろん、英語でいきなり飛び込み営業なんて話であれば、全く別ですけどね。

一方で日常の場合だと、英語力が低いとしっかりと話を聞いてもらえない可能性もあります。

まあ、相手があなたの話を聞きたいと思えばしっかりと聞くし、そうでなければ聞かないというシンプルな話です。

僕は留学当初、英語がそこまで話せない時に外国人に話しかけても相手にされないということが、時々ありました。

もちろん英語力だけがコミュニケーションの成否と関係しているわけではありません。
ただ、英語力にあまり左右されずに相手とコミュニケーションが取れるという意味では、ビジネス英語の方が簡単です。

ちなみにビジネス英語の言葉遣いは日常英語と大きく違うと思うかもしれませんが、実際はほとんど変わりません
言葉が少し丁寧になるだけです。

例えば、ビジネスの場面ではwant toがwould like toに変わったり、Can you〜?がCould you〜?に変わったりという違いが出てきます。
あとは基本的に同じです。

まとめ:ビジネス英語のハードルは高くない!

ビジネス英語と聞くと、ハードルが高そうと感じるかもしれませんが、実際はそうではないです。

英語を使ってビジネスの世界で活躍する人が1人でも増えていくことを、期待しています!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
毎月約10のセミナー、イベントをしています。
詳しい情報は以下からご確認ください。

コメントする

*
*
* (公開されません)